【S7シングル】天地魔闘ロップクレセドラン【最終2010】

S7お疲れさまでした。

USM環境初レートとなる今シーズンは対戦していて非常に楽しかったです。

2100到達はできませんでしたが、真剣に打ち込んだシーズンなので思い出も兼ねて記事にすることにしました。(以下常体で個体解説)

f:id:puni_poke:20180123091314p:plain

f:id:puni_poke:20180123091346p:plainミミロップ@石 陽気/じゅうなん→肝っ玉

猫騙し/恩返し/飛び膝蹴り/冷凍パンチ

141(4)-188(252)-114-x-116-205(252)

ミミッキュの苦手な鋼タイプの弱点をつけ、メジャーな高速アタッカーの上をいくSの高さを評価。

技の威力が高いおかげでメガにしては少々物足りないAもさほど気にならなかった。

冷凍パンチを持つことで流行りの防御特化ランドロスを確2にすることが可能。(混乱実発動圏外)

ミミッキュランドロスで見ている構築が多かったため、ランドロスを誘い安定して倒すことのできるこのポケモンはとても勝利に貢献してくれた。

 

f:id:puni_poke:20180123093736p:plainクレセリア@ゴツゴツメット 図太い

サイコキネシス/冷凍ビーム/どくどく/月の光

227(252)-x-189(252)-95-150-106(4)

選出画面でメタグロスが見えた場合、よほど取り巻きが厳しくない限りこのポケモンを選出する。サイクル重視のバシャーモボーマンダ軸もミミッキュでの突破が厳しいことが多いためその場合もこちらを選出。

基本的に相手の取り巻きにギルガルドテッカグヤナットレイ辺りが控えているため、積極的に釣り交換を仕掛けミミロップヒードランでの早急な崩しを狙う。

技構成に関しては変更の必要はないと感じた。

 

f:id:puni_poke:20180123094900p:plainヒードラン@残飯 控え目

火炎放射/ラスターカノン/どくどく/身代わり

197(244)-x-147(164)-178(92)-127(4)-98(4)

H-B ミミッキュの+2シャドクロZを最高乱数以外耐え

C ラスターカノンでh4ミミッキュ確1

最低限のミミッキュ対策に加え、どくみがによる耐久型の削りとテッカグヤギルガルド等、ミミロップではやや突破が不安な鋼タイプの処理が主な役割。

弱点を突かれるとあっさり落とされるため、クレセリアミミッキュと合わせて選出することが多い。

選出率こそあまり高くなかったものの、このポケモンミミッキュの存在でアーゴヨンの選出を抑制することができたと実感した。

f:id:puni_poke:20180123101024p:plainカプ・レヒレ@ミズZ 控え目

ハイドロポンプ/ムーンフォース/瞑想/挑発

159(108)-x-135-161(252)-150-124(148)

S 準速70族(キノガッサ)抜き抜き

カバルドンが重すぎたため採用。Sを伸ばすことで上から瞑想を積んだり、ミズZで奇襲を仕掛けることができた。

しかし、Cに特化しても火力が微妙だと感じたため、少し削って耐久やSに回した方が良かったかもしれない。

回復ソースを持たない関係上サイクル戦には不向き。早急な削りを実現するためにめざ炎も検討したが、挑発を持つことで受けループに多少抵抗できたため一長一短。

ミミッキュがZ前提の構成のため、同時選出した場合はレヒレのZを切らないことを意識した。

 

f:id:puni_poke:20180123102644p:plainキノガッサ@気合のタスキ 意地っ張り

マッハパンチ/タネマシンガン/岩石封じ/キノコの胞子

135-200(252)-101(4)-x-80-122(252)

ロップミミガッサと選出することでガルミミガッサに近い立ち回りが可能。

このポケモンの強みに関しては周知の事実だろう。

コケコorレヒレ+接地した鋼や回復ソースを持つ草が見えた場合は絶対に選出しないことを心がけた。(構築上草タイプが相手のラスト1匹になることが多いため)

 

f:id:puni_poke:20180123104220p:plainミミッキュ@ミミッキュZ 意地っ張り

かげうち/じゃれつく/剣の舞/呪い

155(196)-140(140)-120(156)-x-126(4)-118(12)

H-B 特化メガバシャーモフレアドライブ最高乱数以外耐え

よく見かけるABミミッキュのAを少し削り、ミラー意識でSに振った。

Aを削ることで11nを満たせなくなるが、それ以上にミミッキュミラーで確実に皮を剥ぐ、削ることの方が勝ちに繋がると判断した。

オニゴーリやバトンパの対策として呪いを採用。

 

f:id:puni_poke:20180123110214j:plain

サイクル選出か対面選出かを無理なく選択できる構成にまとめられたのは本構築の良かった点だと思っています。

ミミロップは環境にそれなりに刺さっているメガ枠なので是非皆さんも使ってみてください!

 

【S4シングル】メガヘルガースタン【最終2002】

S4お疲れさまでした。

レート2100を目標に設定していたため心残りではありますが、少しでも多くの人にヘルガーというポケモンの可能性を感じてもらいたいと思い記事として形に残すことにしました。

 

f:id:puni_poke:20170717210446p:plain

以下、採用順に個別解説。(外しを嫌うため極力命中率の高い技を採用しています。)

f:id:puni_poke:20170717210322p:plainヘルガー@石 臆病/貰い火→サンパワー

火炎放射/悪の波動/ヘドロ爆弾/悪巧み

151(4)-×-110-192(252)-110-183(252)

リザYとは初速、積み技の有無で十分差別化できています。

環境に多いメガメタグロスの上をとれている点や一般鋼タイプに軒並み強く出れる点を評価して採用しています。

基本的には後述するカプ・テテフが呼ぶナットレイテッカグヤの前で悪巧みを積み全抜きを狙います。

その上で弊害となるアシレーヌカプ・レヒレを意識してヘドロ爆弾を採用しています。

鋼環境のため選出の機会は意外にも(?)多かったです。

†サンパワーは敵のリザYで発動させろ†

 

f:id:puni_poke:20170717211435p:plainカプ・テテフエスパーZ 控え目

サイコキネシス/ムーンフォース/めざめるパワー炎/挑発

145-×-96(4)-200(252)-135-147(252)

このポケモンの強みは初手での「出し負け」があまり無いことです。

エスパー技が等倍以上の相手に対してはエスパーZ。半減(鋼、超)相手でも最悪の場合エスパーZで雑に削り退場し、後続で処理することができます。

また、カバルドン展開に対してはエスパーZ、ポリゴン2のトリル展開には挑発で阻止することができ、とにかく初手出し性能に長けています。

挑発のおかげでクレセリアやポリゴン2に勝つことができる点がスカーフにはない魅力でした。

エスパーZの火力の目安はH振りポリ2が乱数、ギルガルドに半分程度です。つまり等倍であればほとんどのポケモンを一撃で倒すことができます。

Sに振り切ることでギャラドスの上を取れるため挑発で龍舞を阻止できます。

f:id:puni_poke:20170717213408p:plain霊獣ランドロス@拘りスカーフ 陽気

地震/岩石封じ/蜻蛉返り/馬鹿力

165(4)-197(252)-111-×-100-157(252)

初手にテテフを出しづらいガルーラ、ゲッコウガフェローチェメタグロス等が入っている構築に対して初手に投げ、蜻蛉返りを選択し場を搔き乱し、終盤で疲弊した相手を地震で一掃します。

1積みの準速リザやウルガモスを止めるために最速採用としています。

f:id:puni_poke:20170717214627p:plainメタグロス@石 陽気

アイアンヘッド/思念の頭突き/地震/雷パンチ

155-197(252)-171-×-131(4)-178(252)

ランドロスの補完が優れているという理由で採用しました。

一致技両方が怯みの追加効果を持つ運勝ちの申し子。

フィールド下の思念の火力は凄まじく、リザYや耐久に振っていないロトム程度なら一撃で落とすことができます。

雷パンチはテッカグヤギャラドスに対して選択します。

f:id:puni_poke:20170717215252p:plainポリゴン2@進化の輝石 図太い/トレース

イカサマ/冷凍ビーム/自己再生/どくどく

191(244)-×-156(252)-125-117(12)-80

ここまでで厳しめのミミッキュボーマンダを受ける枠です。

起点回避のイカサマ、威嚇意識でトレースでの採用。

このポケモンに関しては今更特に語るべき事は無いでしょう。

f:id:puni_poke:20170717220228p:plainカプ・コケコ@気合のタスキ 臆病

十万ボルト/マジカルシャイン/草結び/ボルトチェンジ

145-×-105-147(252)-96(4)-200(252)

雨パ対策。ほとんど選出しません。

 

f:id:puni_poke:20170717221400j:plain

f:id:puni_poke:20170717221516j:plain

(最終レート&序盤元気マンだった頃の画像)

 

今シーズン通してこのような構築を使っていたのですが、メガバシャーモが一般解禁されてから環境が激変し勝ちづらくなったと感じました。